Copyright © 2015 W&H. All Rights Reserved.

COFFEE BEANS

私たちの一日はコーヒー豆を焙煎することから始まります。

豆の爆ぜる音がパチパチからピチピチに変わる頃、店中が得も言われぬ至福の香りに包まれます。

一日の始まりが幸せだと、その日一日良い事がありそうな…。

幸せな香りを閉じ込めたコーヒー豆を皆様にお届けします。

W&Hのコーヒー豆は、私たちの好きな中深~深煎りのレンジで焙煎しています。

どの豆を飲んでも、W&Hらしい味わいの中にも産地それぞれの個性を感じるように、それぞれの焙煎度を調整しました。

コーヒー豆 全7種 200g箱入り 各\1,400 (税抜)

         200g紙包み 各\1,350 (税抜) ※紙包みは Roastery DAUGHTER のみでのお取扱いです。

W&H BLEND

・DAUGHTER(ドーター)

​・SON(サン)

夫婦一緒に暮らしていると、味の好みが似てくるのでしょうか?

昔からこのコーヒー美味しいねと頷き合うタイミングは、いつも一致していました。

幾度も幾度も焙煎を重ねていくうちに、私たちの美味しいと思う目指す味がはっきりとしてきました。

このオリジナルブレンドは、私たちの頭の中にある理想の味を形にしたものです。

中深煎りの心地よい苦味をベースに、それを引き立てるような微かな酸味のバランスを探り生まれました。

W&Hの生み出した最初のブレンドは、

私たちの初めての子供である最愛の娘にちなみ「DAUGHTER」と名付けました。

皆様に共感頂ける美味しいコーヒーでありますように。

「DAUGHTER」に続くW&H2つ目のオリジナルブレンド「SON」は、毎日飲むのはカフェオレという方のために生み出したミルクと相性の良いブレンドです。

ボディのしっかりとした深煎り豆をベースに、幾重にも重なるミルクと相性の良い香りが特徴です。

しっかりとした味わいがお好きな方にもおすすめです。

​STRAIGHT

・BRAZIL(ブラジル)

・COLOMBIA(コロンビア)

・INDONESIA(マンデリン)

・GUATEMALA(グァテマラ)

 

 

 

・ETHIOPIA(モカ)

 

コーヒー豆の産地と言えば真っ先にイメージされるのがブラジルだと思いますが、苦味主体で癖なく飲みやすいのが特徴です。W&Hでは試行錯誤の焙煎の結果、中深煎りから深煎りになる直前の狭いレンジを見極め、深煎りの苦みある味わいながら、すっきりとした飲み口に仕上げています。

ブラックで飲まれる方、一日に何杯も飲まれる方にお勧めです。

ブラジルと並ぶ有名なこの産地の特徴は、しっかりとした苦味と酸味が重なり奥深い味わいを生み出しています。焙煎度によってそのバランスは変化し印象も変わってきます。

W&Hでは、特に酸味のバランスに注意をはらい、酸味は微かに感じる程度でありながら、コロンビアらしいコクを感じる味わいに仕上げています。

マンデリンの特徴は、強い苦味にあります。

また苦味の中に混じる果実のようなフルーティーな香りが独特の個性を醸し出しています。

しっかりと深く焙煎したときに最大の持ち味が出てきます。

しっかりとしたコクがありますので、カフェオレやアイスコーヒーなどにも向いています。

まるでブレンドされたかのように、香りとコク、苦味と酸味が調和した飲みやすい珈琲ですが、最後に柑橘のような個性的な香りが顔を出します。

W&Hでは、中深煎りのレンジで最良のバランスに整えました。

季節、時間を問わずお勧めできるコーヒー豆です。

酸味が強い豆といった印象のモカですが、私たちの好む味わいを探ったところ、がらりと印象が変わるW&Hらしい味わいになりました。

強い酸味はほとんど無くなり奥深さを出すアクセントに変わり、また元々持っていた果実のような個性との組み合わせで、独特の美味しさを持つコーヒー豆に仕上げました。