Copyright © 2015 W&H. All Rights Reserved.

Please reload

08/29/2019

izaura 展 at Gallery SON

2019年9月20日(金)・21日(土) 12:00-18:30

izauraを訪れた。

統計学的に言っていったいどれくらいの確率なのだろう。

古物店に入り自分の琴線に触れるものに出会う確率は。

W&Hよりもさらに小さいお店には、W&Hと同じく三次元的に古物で満ち、

小ささとは反比例するほどに美しいもので溢れていた。

一つのものに目をやり、止まる。心臓がドキドキ言っている。

クサい言い方をすればまるで恋をするようだ。

目を横にやりまた止まり、上を向き時間を忘れた。

一言で美しいと言っても、何がどう美しいのか人それぞれに基準が異なる。

今目の前にあるものから、かつての営みがストーリーとして伝わってくる。

そこには例えばごく平凡な日常ながら確かに息づいた証が無数の線になって表情を形作る。

唯一無二のそんなものに目が留まる。

Gallery SONは屋根裏部屋のようだと言われた。

好奇心とノスタルジックな響きに満ちた空間だと。

それは僕がizauraで感じたことと同じではないか。

この密やかな屋根裏部屋で古くて美しいものをハンティングするような、

そんな展示を行います。

izaura中村さん自ら足を運び、初夏のフランスで仕入れたものを中心に、

ヨーロッパにて集めた古物が並びます。

02/17/2019

Atelier el 展 at Gallery SON
2019年3月1日(金)・2日(土) 12:00~18:30


Gallery SON が生まれた時、まだ何もない空間を眺め、ここに似合うだろうなと真っ先に頭に浮かんだのが Atelier el だった。

私たちの一杯のコーヒーには、私たちの思いや哲学がこうであるからこその行き着く味やそれにより生まれる時間を内包している。
それをより直感的に色濃く感じてもらえる意義が店というものにはあると思う。
そして、彼らの一粒のジュエリーにも彼らの思いや哲学が見える。
それは、ある時彼らのアトリエを訪れ、見し聞きし五感で感じてストンと腑に落ちた。
あの凛とした無垢なアトリエの気配を Gallery SON に持ってきたいと思った。

今回で3回目となる Atelier el の美しい展示。
新作コレクションに加え、水晶やブルーダイアモンドの原石を使ったピアスやイヤリングほか、ブラウンダイアモンドのネックレス、バロックパールのリング等、一点物もご用意頂きます。

冬から暖かな兆しが見え隠れする候、彼らを感じるには一番良い季節だろう。
Gallery SON にて開催いたします。

07/25/2017

夏の間だけカウンター並べられたアンティーク。

どんなものが並んでいのるかとご質問を頂きましたので少しご紹介します。

W&Hの小さいお店は、所狭しとどこもかしこも古物で溢れていますが、

今回は特にテーブルウェアやキッチンウェアなど、実際にお店で使用しているものを中心に並べています。

(その他、何かお探しのものがあれば、奥からごそごそと出てくることもありますのでお尋ね下さい。)

僕たちがこつこつ集めてきたピューター皿やコーヒーミル、ビンテージのワンピースなどの他、

とりわけよくお問合せを頂くビストログラスやオールドリネンのエプロンなどは、

友栄堂さんにもご協力頂いて数多くご用意しています。

いい眺めです。

07/15/2017

秋のピクニックシーズンが始まる前のゆっくりとした夏の間だけ、

W&Hで実際に使っているようなものを中心にしたアンティークを少し販売したいと思います。

僕たちの生まれる前から存在した品々達は、

それぞれに様々な人々の元で、良い事も不遇な事もあったでしょう。

ただ、その出来事があったからこそ、出来事が繋がり、何かのご縁でW&Hへやって来ました。

ここから先、またご縁ある誰かの元への橋渡しをW&Hが担えたら、

私たちは幸せだなあと思っています。

小さなW&Hのお店に並べるには少しばかりですが、

ハニーチーズトーストやケーキに使っているピューター皿や

アイスコーヒーに使っているビストログラスをはじめ、

僕たちが着用しているリネンのタブリエなどの他、

白磁のプレートやカトラリーなどフランスのアンティークをメインに取り揃えてお待ちしております。

珈琲を飲みながら、一期一会の出会いをお楽しみ下さい。

10/13/2016

TRAVEL FIVE No.3  at WIFE&HUSBAND

2016/11/12Sat・13Sun

10:00~17:00

お店を開くなんて夢物語のように思っていた10年前、

2人で鎌倉へ旅行に行きました。

まだ私たちが夫婦になる前のことです。

あるアンティーク店で、

古びた珈琲豆を掬うスコップを2つ見つけました。

いつかお店を始めた時に使えたらいいなと遠い未来を思いました。

もしかすると、お店のためのものを買った一番最初は、

このスコップだったかもしれません。

そして、そのアンティーク店の名前は、

FIVE FROM THE GROUND と言いました。

それから10年の年月が経ち、

私たちは WIFE&HUSBAND を始めました。

店内を見渡せば、あの時出会ったスコップはもちろん、

トーストを載せるピューターのお皿、

珈琲を淹れるカウンターを照らすランプ、

ずらりと窓際に並んだT字のハンガー、

壁に飾ったカリグラフィーが美しい学生さんのノートなど、

WIFE&HUSBAND を彩るものたちは、

FIVE FROM THE GROUND が時を超え、

はるばるヨーロッパから届けてくれたものが多くあります。

そして、ご縁深まり、

この秋の2日間だけ FIVE FROM THE GROUND が、

WIFE&HUSBAND の奥の部屋にオープンします。

お皿やカトラリー、ランプやオブジェなど素敵な古物が並びます。

FIVE FROM THE GROUND のお2人もご夫婦。

2つの WIFE&HUSBAND をお楽しみください。


 

【FIVE FROM THE GROUND : HP】

12/29/2015

 

 

2016年より、W&Hの奥の小さな別室にて不定期にイベントを行いたいと思います。

W&Hの店内を飾っているような私たちの感性で選んだ古道具の販売や、

私たちの共感するブランドの企画展など、

私たちの心が弾むイベントを企画してまいります。

珈琲とともにこちらもお楽しみに下さい。

 

--------------------------

 

Atelier el  at WIFE&HUSBAND

 

会期 2016/1/22. 23. 24

時間 10:00~17:00(初日のみ12:00~)

※会期中、CAFEは通常営業いたします。

 

 

夫婦になろうと思ったとき婚約指輪を探しました。
少し遠くにあるアンティークジュエリーを並べたお店へ行こうと思いました。
 

一度目は、「少し出かけます」という貼り紙がありました。
二度目は、「CLOSED」と書いてありました。
三度目は、行こうかそれとも他のお店を探そうかと悩みました。

 

でも何かに試されてそうな気がして、少し遠いけれどもう一度行くことにしました。
そして、一目でこれだとわかる古い指輪に出会えました。
そこからいろいろなことが始まり、今に繋がりました。

 

そしてWIFE&HUSBANDを始めるとき、
いつか、指輪やネックレスをお店に並べたいなと思いました。
それは結婚指輪然り、真珠のネックレス然り、大切に思う人との深いご縁を繋ぐものであったり、

大切な瞬間を彩るものであったり。
夫婦である証しとして、母から娘へ引き継ぐものとして、自身の大切な瞬間のために。
そうした大切なご縁、瞬間に繋がる小さな歯車の役目を私たちが担えたら、

とても満たされた気持ちになるだろうなと。

 

私たちにはジュエリーが縁で繋がった仲の良い友人夫婦がいます。
その友人Atelier el の二人が生み出す素敵なジュエリーの数々を、

3日間だけW&Hの奥の部屋で展示販売いたします。

2016年新作や青いダイヤモンドの原石が並びます。

珈琲を淹れる夫婦と、ジュエリーを生み出す夫婦の3日間だけの WIFE&HUSBAND です。


寒い寒い冬だけれど、お気に入りのネックレスで着飾って外へ飛び出したい気分になれば、

何かに繋がる一歩になるかもしれない。

WIFE&HUSBANDがそんなきっかけになればとても嬉しいです。

 

 

Atelier el HP

 

↓ ※Read More より Atelier...

Please reload

Search By Tags
Archive
Please reload